プロフィール

佐伯 朋子

Author:佐伯 朋子
完パスなんて夢の夢!
あたしが目指す女装は、綺麗に女装してるよね。

世間に、嫌悪感を抱かれない小綺麗で、お洒落な女装さんになれるように、頑張ってます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


PV


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


フリーエリア


DATE: CATEGORY:女装の謎?
|・ω・〃)イラッシャイマセ・・・:.,;*☆

朋ちんカフェへ…♡


今でこそ、“女装”を受け入れて楽しんでますが…(●´∪`●)ヾ



最初の頃は、男なのにって思っていて、自分の中で、女装を正当化出来る理由が欲しかったです。 

例えば、自分の意思とは関係なく、女装させられる「強制女装」とかに憧れていました。

あるいは、あたしは、操られているとか…( ̄口 ̄∥)






映画「スパイダーマン3」では、謎の液状生命体「シンビオート」に、ピーターは取り憑かれ、暴力的好戦的になり、体を黒く染め、気がつけばピーターは今まで以上のパワーを持った「ブラック・スパイダーマン」となっていた。

同じように、男を可愛い女の子にさせる「シン美オート」みたいなものがいるのです……と思う…(;¬∀¬)ハハハ…

これは、映画の中の話ではありません。

この地球上には、似たように不思議な生き物が、たくさんいます。



この「ハリガネムシ」は、水の中で生まれ、ボウフラや、カゲロウ、ヤゴに補食されます。

成長すると、三十センチにもなるので、宿主になったヤゴなどが、さらに大きな生き物に、補食されるのを待ちます。

最終的には、カマキリやかまど馬、コオロギを宿主にして、成長するらしいです。


成虫になったハリガネムシは、交尾のために、水の中に戻ろうとします。



そして、宿主のカマキリは、水に入ります。

本来なら、昆虫が、水の中に、ダイブするなんて考えられないのです。

つまり、カマキリは、ハリガネムシにコントロールされているのです…(゚ロ゚)


もしかしたら、あたし達女装さんも、寄生され、コントロールされてるのかもしれません。

カマキリをコントロール出来る寄生虫がいるなら、男を女の子に変える寄生虫がいてもおかしくないのです。

そんな「女の子になりたい虫(仮)」がいるかもです。

逆にいないなんても、言い切れないじゃないですか?

映画「スパイダーマン」みたいに、宇宙から来てるかもしれません。

地上に落ちる隕石は、年間で150個です。

少ないと思うかもしれませんが、地球が誕生して、45億年です。

それを考えると、かなりの数の隕石が落ちていて、地球外生物がいるかもです。

そして、泥んこ遊びや、川遊びをしている時に、寄生され………………



スカート、穿きたいなぁって……


はぁ!どうして…Σ ゚ロ゚≡( ノ)ノ


こんな事を思ったんだろう…(; ̄^ ̄)ん~



男なのにって思いながらも、さらなる大きな力で、あたしは、支配されていくのです…(≧◇≦)え~!


こんなもの穿けるかぁ~


頭では拒否しても、身体が……言う事を聞かない…(Σ○Д○;)キャァァァ!!!



そして、そっと、ショーツに足を通して……(/∀\*)ドキッ





ダメェ~、もう、女の子にならずにはいられない♡



と……まぁ、こんな感じ…(;¬∀¬)ハハハ…


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/




にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
コメント

誰だったかな?

万引きをする少女の役の女優さんが、役作りにのめり込んで、本当に万引きをしてしまったという話があった。幸いこっそり返すことができたそうだけど。
女装さんでも、女の子になり切ってつい女子トイレに入ってしまう、ということもありうるかも。

Re: 誰だったかな?

あたしは、いまのところ、なりきって女子トイレはないなぁ。

でも、男である事は忘れてると思う。


でなければ、人前には出れないです。

それは逆だよ

実は、
朋ちんは本来女の子だったのに、
ヌメヌメエロナメクジ型寄生虫によって
男の娘にさせられちゃったのだ。

朋ちんの股間にあるのは
チ◯チンなんかではなく、
レウコクロリディウムが寄生した
突起物に間違いない。(確信)

※閲覧注意!
http://youtu.be/4wNoLryWa20

Re: それは逆だよ

(確信)だなんて、ケジボンさん…(*ノノ)キャー

あたしは、男を知らない生娘だよ。


もう、エッチなんだからぁっ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 朋ちんカフェ all rights reserved.Powered by FC2ブログ