プロフィール

佐伯 朋子

Author:佐伯 朋子
完パスなんて夢の夢!
あたしが目指す女装は、綺麗に女装してるよね。

世間に、嫌悪感を抱かれない小綺麗で、お洒落な女装さんになれるように、頑張ってます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


PV


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


フリーエリア


DATE: CATEGORY:女装
|・ω・〃)イラッシャイマセ・・・:.,;*☆

朋ちんカフェへ…♡



趣味女装でも、おっぱいが欲しいなぁって思う時、あります…f^_^;

実は、あたしのプライベートの友達で、おっぱいのある男友達がいます…( ̄口 ̄∥)


自称98㎏です。


なぜか、100㎏とは言いません…ヾノ∀`)ナイナイ

男でも、100㎏越えれば……失礼…ヾ(_ _。)
100㎏近くまで太れば、おっぱいが出来るんですよね…(●´д ) んだ



でも、揉んだ感触は、女性のそれとは違います。そんな物を、「おっぱい」と呼ぶには、おこがましいのですが、ブラをすれば、谷間が作れたり、揺れを楽しめそうです…☆d(*'v゚*d)ナイス♪

ちょっとは、羨ましかったり…f^_^;

しかも、おっぱいがあっても、変に思われません。

ちと、健康を心配されたりしますが…(;¬∀¬)ハハハ…



あたしの場合、約500gのおっぱいを作るのに、あと、40㎏太らないとです…(д ゚゚

40㎏は、小学6年生の男児の平均体重です。

街で、それらしき男子小学生をみると…あたしのおっぱいが歩いてる…と、「おっぱい」に見えてしまいます…(;¬∀¬)ハハハ…



でも、あたしが欲しいのは、500gだけ…( ̄∀ ̄;)

残り39.5㎏は、どうすっかぁ…(◎ヘ◎;)?


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
コメント

朋ちゃん
もっと重いと思うけど、、
小さい方がいいのね。

肩凝るって言ってもわからないだろうけど、、
面倒、、

私も

私も欲しくて、ホルモン飲むのは怖いから今年に入ってプエラリア・ミリファカ飲み続けてるけど一向に膨らんで来ませんv-356
だからといって太るのは嫌ですし、毎日吸引してたら多少は膨らみのではv-91

若秩父の乳はデカかった。

たとえ豊満なおっ☆ぱいができても、
ウエストのくびれがなくなったら意味ないっしょ。

ボン・キュッ・ボ〜ンが理想だよね。

http://blog-imgs-81.fc2.com/t/h/e/thecrystalskull/5ba5af70c21a97752fafb9e1821636f5.jpg

Re:

両方で、500は、ちっちゃいですか?

あたしの偽ぱいは、そのくらいです。

肩凝るって、なんとなくですけど、分かりますよ。

あたしのは、質量や質感が、リアルなブレストフォームなんです。

Re: 私も

あたしは、自分に欲情したいから、ホルモンは使わない派です。

ホルモン使わずに、おっぱいが欲しいですよね。

Re: 若秩父の乳はデカかった。

女装さんにとって、くびれをとるか、おっぱいをとるか、ニ択ですよね。

ボン、キュ、ボンは、理想ですけど、身体の作りが違うからねぇ~

初めてコメントします

訪問ありがとうございます
女装については、自分の小説で部分的に扱っているのと、自分自身が経験者(いまはもうやめている)なので、違和感とか偏見は一切ありません。むしろ資料を漁って研究しています。

ももの周りにも

デカパイ男子多いんですぅ~(笑)
その人たちを見てると
安心して食べちゃいますよね♪

Re: 初めてコメントします

初コメント、ありがとうございます。

やっぱり、女装は、やめられるんですね。あたしも、それまでは、女装を楽しみます。

Re: ももの周りにも

安心して、一緒になって食べたら、ダメですよ。

平湯温泉で

近くに浸かってた20代後半?の小太り男性が大きなパイだったよ。
浴場で見ても、男のには欲情しないよ。

お相撲さんって、よく赤ちゃん抱くよね。誰だったか忘れたけど、玉錦に抱っこされておっぱい吸ったって書いてたな。
https://youtu.be/pIANK-oRMJo


Re: 平湯温泉で

あたしも、友達のおっぱいを揉んでも、欲情しませんでしたよ。

その赤ちゃんの将来が心配ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 朋ちんカフェ all rights reserved.Powered by FC2ブログ