プロフィール

佐伯 朋子

Author:佐伯 朋子
完パスなんて夢の夢!
あたしが目指す女装は、綺麗に女装してるよね。

世間に、嫌悪感を抱かれない小綺麗で、お洒落な女装さんになれるように、頑張ってます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


PV


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


フリーエリア


DATE: CATEGORY:女装
(。≧▽≦)ゝイラッシャーイ♪(。_ _)。))ペコ

朋ちんカフェへ…♡



これ、スカートの赤と白のストライプと、トップスを、何気に合わせています…(b'v゚*)ィェィ



あたしの女装は、スカートを穿きたかったり、女の子のファッションが好きだからなんですけど…(ノω`*)

なぜ、下着までもって思います…(; ̄^ ̄)ん~



そう思うと、ただ、ファッションが好きってだけでは無さそうな感じですよね…( ̄口 ̄∥)

ここに、『女装』の秘密がありそう…Ψ( ̄w ̄)Ψ


なぜ、女性の下着を身につけるのかぁ?

トランクスを脱ぐついでに、あたしは、男“らしさ”からも脱ぎ捨ててるのかなぁ?

男のまま、女性の下着を身に付けたら、ただの変態ですもんね…m9っ( ̄ー ̄)ニヤリッ

あたしは、全ての変態を兼ね備えてますぅ…☆^(*≧口≦)=3

状態が変わり、普通と大きく違い、そして……変態性欲…(」゚ロ゚)」

動植物では、“正常”な育成において、形態を変えること…(・ω・*)ンー

正常?

ある意味、女装は、あたしにとって正常…(-ω-;)ウーン

それで、男は穿かないスカートに、惹かれるのかもしれない…o('ー'o)ウン♪



あたしは、女でないけど、男らしくない男かと…(; ´_ゝ`) フッ

男らしくない=女らしい…じゃ、ないですよね。   

“らしさ”が苦手なだけで、男の身体に違和感はないんですよぉ…(;¬∀¬)ハハハ…

でも、ビキニを着た時は、モッコリは、美しくないって思いましたけどぉ…(●´∪`●)ヾ

女性のファッションは、ボーイッシュや、マニッシュと言った男の子のようなファッションが、ありますが、男性は、ファッションに限らず、常に「男らしさ」を求められてる気がします。

だから、男らしくさえしていれば、女性より、楽なんですけどね……(´ー`)y-~~

あたしには、ちょっと無理…ε=┏(; ̄▽ ̄)┛



メンゴ…ヾ(_ _。)

そんな楽より、たまには、男らしさから解放されたいですぅ。

普段は、男らしくを意識してますが、女装すると、それを、意識せずに済みますから、しっくりと、くるのかも知れない。

男らしくない男性でも、女装しない男性もいると思いますが、あたしは、変態だから…(●´∪`●)ヾ



“男らしく”より、“自分らしく”に、変態します。

アウトローは、秩序を守らない無法者ですが、アウトサイダーは、社会常識の枠にはまらない、独自の思想を持つ者。

それでも、女装は、恥ずかしい趣味だと思います。

だから…

オレって、アウトサイダーなん…(*'∀゚Pq)ォッ

って、思った方が、カッコいいですよね…☆d(*'v゚*d)ナイス♪

名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




















関連記事
スポンサーサイト
コメント

それって、
ユニ○ックス?あいまいな共有する歓声があって、
緩くてほっとする。

私などは福は、女性らしいのが好き。
女のやきもち、陰湿あさましさは嫌い。

類は朋を呼ぶ?

おいらは、
自分が男らしいと
思ったことが無い。

男らしくなりたいと
思ったこともあんまりない。

英語の教科書に載ってた
欧米系の美少女の写真見て、
こんな姿になってみたいなどと
思ったことはあるなぁ〜^^;

だから、
おいらも変態仲間だよ。(^^)v

Re:

あたしは、ユニセックスな服装は、なぜか、着ないんですよぉ。

女装する時は、女物。

♂ん時は、男物。

女装すると、緩くて、ほっとする感覚は、あります。あたしも、女の子らしい服が、好きです。

Re: 類は朋を呼ぶ?

朋は、中国あたりで、“ホウ”と読み、友を意味するんですよね。

変態仲間かぁ~、変態が、引っかかりますけど…いっかぁ。

ケジボンさんは、意識しなくても、男らしいと思いますよ。あたしは、らしくなかったから、女装にハマってる。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 朋ちんカフェ all rights reserved.Powered by FC2ブログ